このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

News

9月12日(水)~10月14日(日)「Snow Peak Apparel POP-UP SHOP」開催

9月12日(水)~10月14日(日)「Snow Peak Apparel POP-UP SHOP」開催

HOME⇄TENTをコンセプトに、国内外において、デザインや機能美・素材開発などで賞賛を受けるSnow Peakのアパレルライン『Snow Peak Apparel』のPOP-UP SHOPをラカグ2Fsokoにて開催いたします。

新潟本社でも滅多にお目にかかれない過去の商品や開発サンプルの展示、Snow Peakの沿革紹介など、よりSnow Peakを身近に感じる事の出来る内容となっております。

会期中はSnow Peakと親交の深い、写真家:山内 悠氏の写真展を同時開催する他、山内氏と富士山七合目の住人:関 次廣氏のトークショーも開催予定です。

<同時開催写真展詳細>
山内 悠写真展「雲の上に住む人」
富士山須走登山道七合に立つ山小屋「太陽館」。
古の知恵を受け継ぎながら、40年以上も登山者を見守り続けてきた関次廣。
雲に埋もれない5か月の間、雲の上で生活し、山小屋を営んできた経験をもとに語られる言葉と、写真家:山内悠が山小屋を手伝いながら撮影し、体験した雲の上での暮らしから見えた世界とは。ある年の富士山がまだ雪に覆われていた、開山の準備から、閉山、小屋終いまでの物語。

<トークショー詳細>
富士山七合目にある山小屋での生活、山小屋の役割、マル秘エピソードなどをお話しいただきます。
どうぞお楽しみに!
日程:2018年9月23日(日)
時間:開場15:00~ / 開演15:30 / 終了16:30予定
会場:la kagu 2F soko
入場料:無料(先着順 / 定員に達し次第締切となります。)
※参加者様にはSnow Peak × SUNTORY「サントリー南アルプス PEAKER ビターエナジー」をプレゼント!
(数量に限りがありますので予めご了承ください。)

<プロフィール>
山内 悠(やまうち ゆう)
1977年、兵庫県生まれ。
1991年より独学で写真を始め、1997年より作品制作を始める。
スタジオアシスタントを経て、2006年より富士山の山小屋に籠り作品制作を続ける。
2010年、写真集「夜明け」(AKAAKA)を刊行。
2014年、書籍「雲の上に住む人」(静山社)を刊行。
2017年、Snow Peak Apparel デザイナー山井 梨沙とモンゴルを旅し、遊牧⺠やゲルを撮影。
国内外で展覧会を続けながら、制作を続けている。
⻑野県在住。

関 次廣(せき つぐひろ)
1948年生まれ。逗子育ち。
山小屋『大陽館』館主歴四十年。海上自衛隊を経て富士山へ。
八合目にて山小屋に勤めるなか、閉まっていた七合目の山小屋『太陽館』を臨時で開けたことがきっかけで管理人となる。後に『大陽館』に変更。
今なお富士山七合目で登山客を見守り続けている。

【Snow peak Apparel POP-UP SHOP】
日程:9月12日(水)~10月14日(日)
時間:11:00~20:30
場所:la kagu 1F・2F soko

※下記日時は、sokoでイベントの開催があるためご利用できません。
9/20(木)  18:00~sokoclose
9/25(火)  18:00~sokoclose
9/26(水)  18:00~sokoclose
9/27(木)  18:00~sokoclose
10/2(火)  18:00~sokoclose