このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

News

8月13日(日) 中村新×吉川稔「地方から新しいマルシェの形を作る」

8月13日(日) 中村新×吉川稔「地方から新しいマルシェの形を作る」

隈研吾氏がマスタープランを手掛ける愛媛県西条市の「糸プロジェクト」では、「エネルギー」、「テクノロジー」、「グリーンインフラ」、「食」、「建築」という5つのキーワードをもとに、まちづくりをすすめています。
その中でも“食”と“緑”には、その世界で活躍するお二人のプロフェッショナルが関わっています。
一人は、もともと落語家の活動もされていた、産業フードプロデューサーの中村新さん。そしてもう一人は、信託銀行からファッション業界を経て、今は屋上緑化で有名な東邦レオの社長を務める吉川稔さんです。
異色の経歴をもつお二人が考える地方でのまちづくり、そして、今後のライフスタイルとは? 
どこにでもありそうな地方都市、西条にどのような仕掛けを考えているのか、お話しいただきます。

<「糸プロジェクト」とは>
愛媛県西条市で進められている街づくり。海と山に囲まれた風光明媚な景色、日本一美味しいといわれる湧き水を誇る西条市で、東京大学隈研吾研究室が「エネルギー」、「テクノロジー」、「グリーンインフラ」、「食」、「建築」をキーワードとしたマスタープランを設計。ホテルやマルシェなどがある商業ゾーンと、戸建て住宅で形成される住宅ゾーンが計画されている。住宅ゾーンでは、オープンコンペで選ばれた若手建築家9名が各10棟を設計し、合計90棟の住宅が完成する予定。

<登壇者プロフィール>
中村新(なかむら・しん)
糸プロジェクトの商業エリア・マルシェの企画・運営アドバイザー。産業フードプロデューサー、株式会社キッチンエヌ代表取締役。良品計画、JR東海フードサービス、UCCグループ、名鉄レストラン、モビリティランド(本田技研)など、企業支援を行う。地域活性、限界集落対策、食育などを研究する機関からの多岐にわたる食関連調査、社会実験の実施支援も行っている。

吉川稔(よしかわ・みのる)
糸プロジェクトの緑化、商業エリアなどを中心としたまちづくりのアドバイザー。東邦レオ株式会社代表取締役社長。住友信託銀行勤務ののち、セレクトショップを運営する株式会社リステアホールディングス取締役副社長、カフェ経営のカフェ・カンパニー株式会社取締役副社長等を担当。「クール・ジャパン官民有識者会議」に民間委員として参加するなど、クール・ジャパン機構の創設に貢献。

<イベント詳細>
中村新×吉川稔「地方から新しいマルシェの形を作る」
日程:2017年8月13日(日)
時間:開場16:30 / 開演17:00 / 終了18:00予定
会場:la kagu 2F soko
チケット代:無料