このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

News

6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ

6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ
  • 6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ
  • 6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ
  • 6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ
  • 6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ
  • 6月24日(土)発売 たまごサンドTシャツ

ご好評いただいているマドラグのたまごサンドを、様々なジャンルのアーティスト4名の方に「たまごサンドを自由に表現して欲しい!」というお願いから、作品を作っていただきました。

いろんな角度から見た「たまごサンド」を表現いただき、味以外でもお楽しみいただけます!

●画家・陶芸家 / 安田 奈緒子(ヤスダ ナオコ) Tシャツカラー:Black
抽象的な表現を多く作品に用いる安田さんは、ダンボールを切って、絵の具で色を塗って、貼って、、表現。よーく見ると、間にはケチャップもきちんと表現されています。黒の背景にちょこんとした作風が安田さんならでは。

プロフィール:東京藝術大学美術学部絵画科油画卒業。多摩美術大学大学院美術研究科修了。ACC ASIAN CULTURE COUNCILの給費にてニューヨークに遊学。

●アーティスト・イラストレーター / Wendy Macnaughton(ウェンディ マクノートン)
Tシャツカラー:Yellow
たまごサンドを見て最初に感じたWow!!!という感激を言葉で表現。「You should see the chicken」は、「こんなに大きなたまごサンドのたまごを産んだ鶏(産みの親)をみるべきだ!」という敬意の気持ちから。

プロフィール:カリフォルニア州マリンカウンティー生まれ、現在はサンフランシスコ在住。美術と福祉の勉強をした後、広告代理店でのコピーライター、非営利のキャンペーンディレクター、古本屋での書籍販売、カウンセラー等、様々な経歴を持つ。ニューヨークタイムズのベストセラーイラストレーターに選らばれた経歴も。著書にはMeanwhile in San Francisco等。

●歌人 / 穂村 弘(ホムラ ヒロシ) Tシャツカラー:Gray
たまごサンドを食べた感想を短歌にして欲しい、と依頼。「美しき玉子サンドの断面に千々石ミゲルの瞳孔ひらく」は、穂村さんがたまごサンドを食べた際の気持ちを天正遣欧少年使節の千々石ミゲルに例えて表現。

プロフィール:1962年札幌市生まれ。歌人。日経新聞歌壇選者。 1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。2008年、 『短歌の友人』で伊藤整文学賞を、「楽しい一日」で短 歌研究賞を受賞。他に詩集、評論、絵本、翻訳など著 書多数。近刊に『野良猫を尊敬した日』がある。

●写真家 / 北原 一宏(キタハラ カズヒロ) Tシャツカラー:White
写真集「世界の美しい野菜」で、スティル・ライフ(静物写真)作品を表現した北原さんには、同様にたまごサンドを撮影して欲しいと依頼。一見すると、たまごサンドには見えない、吸い込まれてしまいそうな独特な構図や色は、たまごサンドをより視覚的に楽しませてくれる。

プロフィール:1976年兵庫県生まれ。ビジュアルアーツ専門学校大阪写真学科卒業。上田義彦氏に師事後、独立。

【たまごサンドTシャツ】
各¥3,900+tax
Size S / M / L
場所 Cafe