このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

News

青花の会 / 骨董祭2017

青花の会 / 骨董祭2017

2014年11月より始まった「青花の会」。
青花とはやきもの用語の染付けのこと、また青花は露草の異称でもあります。

この会では、年に3冊「 工芸青花 」という本の刊行(内容はおもに骨董、工芸、建築)、茶会、花会、茶和会等の催事が行われております。

青花の会の催事として、今年も東京神楽坂で開催される「青花の会|骨董祭」。
ラカグでは、6月9日(金)~6月11日(日)の3日間、11軒の出展者の作品を展示いたします。

日本、東洋を主に、世界各地のよりすぐりの品々が集います。

【青花の会 / 骨董祭2017】
日時:
6月9日(金)17:00~20:00 ※内覧会(青花会員およびご招待者のみ。会員の方は、会員証をお持ちいただければご入場できます。)
6月10日(土)11:00~19:00
6月11日(日)11:00~18:00

場所:la kagu 2F soko

入場料:1,000円(出展者紹介・対談記事等掲載の小冊子付き)
・6/10、11の2日間共有+その他会場共通(各会場の受付でご提示ください)
・青花の会員は無料(当日、会員証をご提示ください)
・入場券は10日の11:00より各会場で販売

出展者:井上オリエンタルアート / 大塚美術 / ギャラリー紅屋 / 古美術花元 / 古美術川﨑 / 古美術天宝堂 / 古美術28 / スワロウデイルアンティークス / 世田谷八木 / 大吉 / 冨江洗心堂 / 秦志伸

骨董際についての詳細:http://www.kogei-seika.jp/seikafes/2017.html