このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

News

1月18日(水) ~ 2月15日(水) 「生活工芸と作用」展開催

1月18日(水) ~ 2月15日(水) 「生活工芸と作用」展開催
  • 1月18日(水) ~ 2月15日(水) 「生活工芸と作用」展開催
  • 1月18日(水) ~ 2月15日(水) 「生活工芸と作用」展開催
  • 1月18日(水) ~ 2月15日(水) 「生活工芸と作用」展開催

2014年11月より始まった「青花の会」。
青花とはやきもの用語の染付けのこと、また青花は露草の異称でもあります。

この会では、年に3冊「 工芸青花 」という本の刊行、
茶会、花会、茶和会等の催事が行われております。

今回ラカグでは、今話題の4つのギャラリーから作品を出展いただき、
「 生活工芸と作用 」展を1月18日(水)~2月15日(水)まで開催いたします。

「 生活工芸と作用 」展について
1990年代から2010年代は「生活工芸の時代」とよばれることがあります。
「生活工芸」派の器の特色は「自我の最小化と器の彫刻家( 彫刻の器化ではなく)」
だと思っています。

その「器」を「物」におきかえると、小林和人(OUTBOUND)さんのとなえる「作用」派の
作品の特色になるのではないか、との考えから、両様の作をくらべてみたいと思いました。
(「工芸青花」7号でも特集されております)

四つのギャラリーから、数十点を展示、ご購入いただくことも可能です。

【「生活工芸と作用」展】
日程:2017年1月18日(水)~2月15日(水)
時間:11:00~20:30(最終日18時)
場所:la kagu 2F soko
出展者:
ギャルリももぐさ(岐阜)
gallery yamahon(三重)
Gallery SU(東京)
OUTBOUND(東京)
http://www.kogei-seika.jp/exhibition/201701.html

【対談イベント】
タイトル:生活工芸から作用へ
日程:2017年1月18日(水)15:00~18:00
登壇者:
1、安藤雅信(ギャルリももぐさ)+山本忠臣(gallery yamahon)
2、小林和人(OUTBOUND)+山内彩子(Gallery SU)
チケット:無料(予約不要)
場所:la kagu 2F soko